【小樽】北一硝子・北一ホール

小樽は札幌からJRの快速エアポートで30分強です。
今回は曇りでしたが、天気の良い日は、
車窓からの海のキラキラ✨が見えとても良い眺めです。

<消防犬ぶん公>マスクをしています。今年はコロナで、マスクは必須アイテム

コロナ禍の象徴とも感じる犬の銅像にマスク

小樽運河

運河の曇りの様子
運河にあるボートの場所を分かりやすく記載

北一ホール

明治生まれの石造り倉庫 北一硝子三号館

北一硝子の入り口

通路を真っ直ぐ進んで行くと右手に北一ホールがあります。

埠頭から北一硝子を目指して歩いてきました。
食事をすることなく北一硝子に着いてしまいました。

北一硝子は何度か来たことはあったのですが、
北一ホールは初めて入りました。

ホールの入り口の案内

外からは中の様子が分からないので、今までスルーしていたのかもしれませんが、
食事の場所を探していたので、ここで食事ができそう。。とちょっと覗いて見ました。

メニュー一覧

入り口すぐの所にメニューがあり、
メニューのお隣に支払うレジスペースがあります。
キャッシュのみです。ここで食券を購入します。

レジでチケットを受け取る場所の提示

受け取った食券を持ってカウンターに。
ここで、呼び出しの機器を受け取ります。

一歩、中に入ると素敵な空間が、広がっています。

ホールの全体。空間の広さピアノの位置表示

好きな席に座れるとのこと、
暗くて何処が空いているのかわからないので、
ゆっくり歩きながら席を探しました。

テーブルの上のランプの紹介

広々してます~
一番奥の席に座りました。

ピアノ演奏のご案内時間掲載

ピアノの演奏があるみたいですね〜
次回は演奏が聴ける時間に訪問したいです。

ライトアップされている世界地図

座った席から全体

一番端の席から空間全体を見渡す

広々とした空間で、薄暗い雰囲気がすっごく落ち着きます。

天井までの距離の高さや作りの拡大

天井も、とっても高いです。

レストランで提供している食事

あんかけうどん。

お食事以外、お茶をするだけでもとっても落ち着く空間です。
あまり、人には教えたくない場所かも。。。

あんかけうどん900円
娘の海鮮ラーメン980円

北一硝子

小さめで使いやすいかたちの花器を探していました。

展示されてある中に、気に入った花器を見つけ、店員さんに声をかけると、奥の方からそのデザインと同じのものを数点用意してくださり、
その中からお好きなものを選んで下さいとのことでした。

北一硝子の品


かたちは同じなのですが、柄が若干違っています2つと同じものはないので、
その中から好きなものを選びます。

花器の拡大

模様のつき方がほんの少しずつ、それぞれ違います。
微妙に違うので、結構迷ってしまいました。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください