ゴッホ

サント=マリーの海の風景

サント=マリーの海の風景

サント=マリーの海の風景:展示場所:ゴッホ美術館

ゴッホ美術館  1886年完成 近代美術 ポスト印象派

フィンセント・ファン・ゴッホ(1853年3月30日-1890年7月29日)の作品を中心とした国立美術館。

ゴッホ美術館

ファン・ゴッホ美術館は1973年、ゴッホ財団およびアムステルダム市の協力を得て、国立美術館として開館した。

ファン・ゴッホ作品のほか、同時代のポール・ゴーギャンロートレックらの作品、ファン・ゴッホが傾倒していた日本の浮世絵、盛んに模写をしたミレーなども展示されている。ファン・ゴッホとは直接関係のない特別展も積極的に開催している。

美術館の基となったコレクションは、ファン・ゴッホの弟であり、経済的・精神的な後援者であったテオことテオドルス・ファン・ゴッホ(1857-1891)と妻ヨハンナ・ファン・ゴッホ=ボンゲル(1862-1925)の所有だったものである。内訳は、ゴッホの油絵約200点、素描約500点、書簡約700点、それにファン・ゴッホとテオが収集した浮世絵約500点などである。

主な収蔵作品(ゴッホ)

  • 畑で仕事をする農夫(1883年)
  • フェルトの帽子をかぶった自画像(1887年)
  • 日本趣味(広重『江戸百景』より)(1887年)
  • キャンヴァスの前の自画像(1888年)
  • 種まく人(1888年)
  • 野菜畑(1888年)
  • 黄色い家(1888年)
  • ファンゴッホの寝室(1888年)
  • 荒れ模様の空と畑(1890年)
  • カラスのいる麦畑(1890年)

    ウィキペディアより

サント・マリー・ド・ラ・メール

サント=マリー=ド=ラ=メールは、ブーシュ=デュ=ローヌ県アルル郡の都市。 コミューンの面積は、フランス・メトロポリテーヌにおいてアルル、ヴァル=スニに次いで第3位の広さを持つ。カマルグの主都であり、カトリックの巡礼地であり、プロヴァンスの海辺のリゾート地でもある。
ウィキペディアより  

夜のカフェテラス

夜のカフェテラス:展示場所:クレラー・ミュラー美術館

クレラー・ミュラー美術館

クレラー・ミュラー美術館は世界で2番目に大きいゴッホ・コレクションが所蔵。
「夜のカフェテラス」「糸杉と星の見える道」「アルルの跳ね橋」「種まく人」など

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください