簡単!一品料理

もやしの和え物(サラダ風)

材料

  • もやし2袋
  • きゅうり2本
  • アラスカ1袋

きゅうりの代わりに水菜でもOK

アラスカの代わりにかまぼこ(色のついた)OK

調味料

  • ごま油 大さじ2
  • 醤油  大さじ1
  • 塩・コショウ  少々

(味はお好みで、醤油を少なめにして塩を多めにしたりなど)

作り方

もやしを茹でてほかの材料と

和えるだけです。

我が家は野菜用のレンジ対応容器でチンします。

チンしている間にキュウリを切ったり

アラスカをほぐしたりします。

茹でたら、ごま油を入れて混ぜ、

他の材料を入れて⇒調味料を入れます。

保存する容器に入れて、粗熱がとれたら、

冷蔵庫に入れます。

冷めると味が濃く感じるので、調味料を混ぜるときは

思ってるより薄めで仕上げるといいと思います。

 

 

 

 

もやしちくわ味噌マヨ和え

材料

 

もやし:2袋

ちくわ:1袋

 

調味料

 

味噌:大さじ2

マヨネーズ:大さじ2

作り方

 

もやしを茹でます

(レンジ対応容器でチン)

 

もやしを茹でている間にちくわを切ります。

茹でたもやしちくわをボールに入れます。

 

そこに味噌マヨネーズを入れて混ぜます。

もやしが冷めきる前に調味料を入れてください。

タッパに移して粗熱を取ってから

冷蔵庫に保存してください。

食卓に一品足りないとき、お試しください。

 

最初、見栄えが悪いかなぁ?

といまいちな感じがしたのですが、

意外にも子供のリクエストがあった一品でした。

 

 



 

 

豚こま肉生姜煮

 

材料

 

豚こま切れ:200~250

小松菜  :3~4株

生姜   : 1袋の半分弱(量はお好みで)

 

 

 

調味料

 

水    :100㎖

お酒 :大さじ2

砂糖 :大さじ1

醤油 :大さじ2

 

 

作り方

 

材料をすべて切ります。

 

お水と調味料と生姜を鍋(フライパンタイプでもOKです)

に入れて中火で煮立たせます。

 

 

 

煮立ってきたら肉を入れます

 

このまま煮込みます(中火よりやや弱く)

汁気がなくなるぐらい(完全になくならなくてもいいです)

最後に小松菜を入れて弱火で少し煮込みます

 

味見をしながら、微調整があれば盛り付ける前にお好みで。

 

 

小松菜の代わりに万能ねぎもお勧めです。

 

火を止めた後に振り入れる。

 

残ったら、タッパにラップを敷いて

包むようにして蓋をします。

(脂肪がラップにつく)

 

我が家は息子は小松菜派で、娘は万能ねぎ派です。

私は両方混ぜて食べます(*^-^*)

 



 

 

むね肉サラダ、マヨネーズ&牛乳風味

 

材料

むね肉・・・300〜350グラム

玉ねぎ・・・1個

水菜・・・・1袋の半分(orレタス)

 

調味料

塩・・・・・小さじ1

コショウ・・少々

牛乳・・・・100cc

マヨネーズ・100cc

 

 

冷蔵庫で冷やすための大きめの器を準備します。

薄目のタッパでも良いです。

作り方

玉ねぎを千切りにし、そのままお鍋にいれます。

その上にむね肉を乗せます。

塩・コショウで味付けをし

蓋をして、

やや中火で、2分強

弱火で5分くらい

 

片面も同じように

やや中火で、2分強

弱火で5分くらい火にかけます。

先ほどと同様、塩・コショウします。

お肉に火が通りすぎると固くなってしまうので、様子を見ながらすすめます。

 

少し中が赤みがある程度で火を止め余熱を利用すると柔らかく仕上がります。

鍋の中でお肉を食べやすいサイズにほぐしていきます。(パサパサを防ぐため、玉ねぎから出た水分と肉汁を吸収しながら)

用意していたお皿に水気をとった水菜を入れます。

その上にお鍋の中身(玉ねぎとむね肉)をいれます。

お肉にかけるマヨネーズと牛乳を和えます。よく混ぜて乳化させてください。

 

それをお肉の上にまんべんなくかけます。

冷蔵庫に入れて、味をしみこませ、しっとりさせると美味しいです。

 

メインでも良いし、小皿でおつまみとしての一品でもいけるし、便利な一品です。

レモンの輪切りを入れたり、水菜の代わりにレタスでも良いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください